いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

「気を使う」「気を遣う」「気遣い」「心遣い」

似たような言葉があります。

それぞれ、微妙にニュアンスが違います。

これが日本語の不思議なところです。

辞書では

「気を使う」=「き(気)を配る」に同じ

「気を遣う」=「気を配る」に同じ

「気遣い」=あれこれと気をつかうこと。心づかい。
      2 よくないことが起こるおそれ。懸念。「情報が漏れる―はない」

「心遣い」=あれこれと気を配ること。心配り。配慮。「温かい―」
      2 祝儀。心付け。

同じような感じで微妙に違います。

この微妙な違いが、受け取った相手に与える印象を微妙に変えるのでしょう。

これが言葉の難しさですね。

※言葉の意味はYahoo! Japanの辞書で調べたものを引用しました。