いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

散髪屋さん。

鏡をみて、「散髪屋へ行かないと」と気づきしました。

髪の毛が生えてくると、頭が海苔おむすびになります。

上がなくて、両側に黒い髪の毛。

いかにも「おっちゃん」という風体です。

ある時から、髪の毛をバリカんでバッサリと刈るようにしました。

その方が、まだ「おっちゃん」らしくありません。

冬場は刈ってもらった後、吹く風が頭をスーッと通って行くのが感じられます。(笑)

今、

最近散髪屋さんは、安いとろころでは、1,000円というところが有ります。

昔からの散髪屋さんは3,000円ぐらいのところもあります。

野田首相も行っている「QBハウス」へも行ったこともあります。

しかし、最近もっといい店を見つけました。

昔風に言う大衆理容です。

私の場合は、1,000円です。

というのは、3mmのバリカンでバーッ刈ってもらうだけです。

バリカンと調髪は値段が違います。

普通にはさみで刈ってもらう1,500円です。

今日も、バリカンですと顔を剃ってもらって、顔剃りをしてもらって1,000円でした。

「QBハウス」はカットだけで1,000円。

私にとっては、その散髪屋さんは顔を剃ってもらえる分「お徳」です。


「QBハウス」は会社組織で、全国的にお店を展開しているます。

システム化されていて効率が良さそうです。

働いている人も、理容師の人以外にも、美容師の方もいらっしゃいます。

カットだけでしたら、美容師の方でも大丈夫なんでしょう。

女性のお客さんも来ています。

私も昔は、カットに美容室に行っていました。(笑)

頭を短くしてからも行っていました。無駄な話ですね。


今日行った散髪屋さんは、三人でやっていました。

男性一人に女性が二人。みなさん60歳を超えている感じです。

昔もこの店に行った事があります。

そのときは、男性の方が3人と女性が一人いました。

その当時は、男性の方全員が、カットをできる人でした。

普通の大衆理容でした。

あれから数年。

「QBハウス」が出店してきて、散髪屋さんが軒並み値段を下げて行ったので、

その店も人が減り、今は男性の方が一人になりました。

見ていると、うまくやっているなと思いました。

三人が役割分担をちゃんとしています。

男性の方がカット専門、女性が顔剃り、

もう一人の女性がシャンプーやその他カットの男性の補助的な役割などと分担しています。

お客さんが待たせないように、考えているのだと思います。

カットの人3人雇うより経費的にもいいのでしょうね。

男性がカットしている間に、次のお客さんが入ってくると、顔剃りから始まります。

そして、次きたお客さんは少し待つと、カットか顔剃りの人どちらか手があいた方が対応してくれます。

私が行った時も、先客が3人いました。

男性がカット、女性が剃りとシャンプーをしていました。

顔剃りをしていた女性が対応していたお客さんが帰ったので、

まず、顔剃りからになりました。

そんなに待ちませんでした。

大規模展開する店舗が、安くサービスや商品を提供するので、地元の商店は苦戦を強いられています。

多くのお店は、生き残るために、工夫をしているんででょうね。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村