いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

「心がついてきていない。心が追いつくまで休憩しなければならないのだ。」

日本はどうなるのでしょうね。
シャープが大変な状況で、再起できるのでしょうか?

シャープは液晶一筋でやってこられました。

私も十年以上前に、栃木県(?)にあるシャープの液晶の工場に行った事があります。

まだ、液晶の画面も小さかったのですが、

それでも他社にはできな技術と教えて頂きました。

それから、液晶の開発に専心して、

「亀山モデル」という世界に通じるブランドも作り上げました。

それが、今・・・。

政府も大変な状況で、再起できるのでしょうか?

与党も野党も、うちわ色々あるようで、上手く行っていないようですね。

それもあって、決めないといけない法案が決まりません。

どう考えても日本は、今、大変です。

産業、経済も大変、政治も大変。雇用も、家計も何もかも大変です。

みんな「カチカチ山」の泥舟に乗ってしまったような感じですね。

そんな中、

ムーディーズの国債の格付けで、日本と韓国が並びました。

4番目の「Aa3」です。
韓国国債格上げ、日本と並ぶ…ムーディーズ


さらに、今の政府の状況を見て、さらに格付けが下がる可能性があるようなことが新聞に書いてありました。

下がったら、円安になるのでしょうか?

今は、円高で困っています。

今のままの状況が続いたら、

今度は、円安で困ることになるのかもしれません。

極端な話ですが、

第一次世界大戦の後のドイツはハイパーインフレの時がありました。

敗戦国ドイツです。通貨のマルクはどんどん安くなって行く状況だったと思います。

コーヒーショップに入ってのコーヒーを飲んでいると、出る時には値段が上がっていたという話を読んだことがあります。

凄いインフレです。

日本もそこまではないしろ、

今の財政でしたら、一旦円安傾向になったら、円安は止めどなく進むような気がします。

そうなったら、マクドナルドのハンバーガーが1万円なんとこともあり得ますよキット。

さらに、分刻みで値段が上がって行くなんてこともあるかも。

それに見合って、給料が上がればいいのですが、

コストが上がる、利益確保、効率化が求められている状況で、上がるかどうかわかりませんね。

今は、円高だから、マクドナルドのハンバーガーが100円前後で食べることができるのだと思います。

日本はデフレです。それを改善しようと、

金融緩和で円安誘導に励んでいます。

そして、政府も経済をインフレの方向にもっていきたいと思っているのでしょうけど、

うまくいっていません。

インフレは諸刃の刃です。

うまく舵取りしないと、

今の日本状況では、一旦インフレになると、

止めどなくインフレが進むような気がします。

なんでこんなことになってきたのでしょうか?

どうしてでしょう?

ある本書いてあった話です。

この部分を読んで、

「なるほど!」

「こうあるべきなんだろうな」と思いました。

「ヒマラヤ登山の三日目。シェルパたちが突然、先に進むの拒んだ。彼らを雇ったイギリスの登山家たちはひどく腹を立てた。その登山家たちは、すでに予定よりも速く進んでいたが、さらに先を急ぎたかったからだ。
しかし、シェルバたちはまったく耳を貸さず。一センチたりとも動こうととはしない。理由も言わずに、その場に座り込んでいる。」
なぜだと思います。
疲れ過ぎているのではありません。
またお金がもっと欲しい訳でありません。
なぜでしょうか?

この話は、この本の著者が体の調子が悪いので、ホームドクターに相談したところ、処方箋のかわりに教えてもらったもののようです。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村