いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

秋分「陰陽の中分となればなり」

秋分「陰陽の中分となればなり」

秋分の日は9月22日です。

二十四節気の秋分はも22日からです。この節気は、仲秋の後半。

秋分の日この日に、昼と夜の長さ同じなります。

この日以降、昼より夜の時間が徐々に長くなっていきます。

秋の夜長ですね。

聴こえるもの変わってきます。

蝉の声が止んで、久しく、

後引き継ぐように、

虫の声が、草むらから聞こえるようになります。

秋の夜を、呼んでいるようです。

休日の朝の時間、ちょっと遅い9時前ごろでも、

近くの空き地から、虫の声が聞こえてきます。

休日の朝の静かな時間帯です。

秋を感じますね。

もう、秋分の声が聞こえてきています。

過ごしやすい季節がやってきますね。

この季節は、早足で、駆け抜けて行きます。

今年は、この季節を楽しみたいですね。

暑かったので、紅葉もきれいかもしれません。

真っ赤に染まった「もみじ」の世界にはいると、

別世界に入ったような感じになります。

まだ、残暑が厳しいですけど、予報では彼岸のあたりから涼しくなるようです。

明日から彼岸の入りです。秋分の日をはさんで、25日に彼岸が空けます。

彼岸とは、太陽がちょうど西に沈む事から、黄泉の世界の扉が開き、

ご先祖様が帰ってくると子供の頃聞いたことがあります。

この時期には、お墓参りに行く習慣がありますね。

彼岸とは編集

日本の風習が味わえる時期です。

色々と雑雑とした話が飛び交っていますが、

吹く風、聴こえる虫の音、秋の空、中秋の名月(今年は9月30日 旧暦の8月15日)

気分転換に季節を味わってみるのもいいですね。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村