いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

とかくこの世は住みにく

ちょっと前に「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。」というフレーズがふと頭に浮かび、

本の題名が思い出せませんでした。

青空文庫で漱石の本を探しましたが、どうもヒットしませんでした。

簡単な話、ネット検索すればすぐにわかりました。

最初から検索すれば良かった。

しかし、青空文庫で漱石の作品を見ていると、

「草枕」に行き当たりました。

「草枕」の最初のフレーズも有名です。

「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世はt住みにくい。」が最初にあります。
そして
「住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。 人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あればでなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。」
と続きます。

本当に、とかくこの人は住みにくいですね。

人の世では、

気を使ったり、ヤキモキしたり、イライラしたり、ワクワクしたり色々な気持ちになります。

それによって、一日も気分も変わったります。

仕事にも影響が出たりもします。

それなら、いっそのこと、

「住みにくい」もんだと思いながら暮らすことができればいいかもしれませんね。

そうしたら、ちょっとしたことで、気持ちが左右すること減るかもしれません。

住みにくいなら、住みやすいように「住みにくい」さと付き合っていくと、

反対に「住みやすい」になるかもしれませんね。(笑)

でも、人が人と付き合っていく以上、軋轢もあるでしょう。

仕方ない事です。

相手と自分とは違うのですから、

自分の思うようにならないのは当然です。

それなら、

そう思うことで、人を認めたり許せたりするのではないかと思います。

簡単ではないでしょうけど、

そうすれば、少しでもストレスが減らす事ができて、

健康にいいかもしれませんね。

そんな社会になると、多くの人が幸せに暮らせるのかと思うのですが、

人間には大きな「脳」があるので、そうは、問屋がおろさないでしょうね。

人の脳は、勝手にいろいろ考えます。

そして、飽きやすいものです。

現状に満足せず、もっともっとをめざします。

ちょっと前にめざした生活を手入れた人も、手に入ると次をめざし、

今の生活に不満を覚えていきます。

そんな人があつまるから。「とかくこの世は住みにく」のでしょうね。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村