読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

OHMASA-GAS 新しいエネルギー

「OHMASA-GAS」はオーマサガスと呼べばいいのでしょうか?
「OHMASA-GAS」は、水の電気分解によって生まれたクリーンなエルギーです。
「OHMASA-GAS」は、Oxygen Hydrogen Mixing Atomic Symmertrized Aeration-Gas単語の頭文字をとって付けられたもののようです。

昨日のテレビで見ました。すごいガスです。このガスの事は、数年前にもテレビで取り上げられていたの見たことがあります。

「プロパンガス・天然ガスに50%混合することで、従来燃料の使用量を半減し、
熱量を単体燃料比較で約1.2倍に引き上げる特性を持っています。」

理論的には次のことのようです。

「水を特殊な振動撹拌で電気分解を行うことにより、振動流動下での電解時にナノ・マイクロバブル(酸素と水素のガスが微細な泡になったもの)が生成します。
これが破裂することで、強力なエネルギーが起こり、その結果、安全な酸素と水素の結合体のガス(OHMASA-GAS)が得られます。」

番組では、このガスを使ってか、ガス精製の技術を使ってかはわすれましたが、殺菌性の高い水が作れるようです。実際にプールでも使われています。インタビューを受けたプール利用者は、水が塩素臭くなく、肌にもいいようだと答えていました。

エコで健康的でとても素晴らしい技術です。

 

とても素晴らしい発明だと思います。

これが普及するのであれば、日本にはとてもいい話です。

天然ガスなどのエネルギー関係の輸入額が増えて、9ヶ月も続く貿易赤字を減らすことができるかもしれません。エネルギー問題の解決につながる可能性もあります。


開発の沿革をみてみますと、
1993年に世界初の振動攪拌器を発明。
2002年に水から生まれる安全な酸水素ガス(OHMASA-GAS)を発明。
2010年にOHMASA-GASとプロパンガスの混合新燃料ガス体『新プロパンガス』を開発。
2011年に一般社団法人プロパンガス料金適正化協会と、『新プロパンガス』普及に向けた協働事業開始。

 

OHMASA-GASが誕生したのは11年前。

 

新プロパンガス』普及に向けた協働事業開始した年は、原発事故があってエネルギー問題が大きく取り沙汰された年です。


私が政府の動きを知らないだけかもしれませんが、
これほどの技術なら、もっとテレビとかで取り上げれたり、政府や経済産業省などのバックアップがあってもいいのかなと思います。


心配なのは、日本の新しい発明は時々、埋もれさせられたりすることです。「OHMASA-GAS」もそうならないか気になります。

 

埋れてしまった発明があります。
1980年代に日本は素晴らしいOSを開発してしたのをご存じでしょうか?


「トロン」です。今は携帯電話で使われているようです。動作が安定していてるようです。止まってはいけないような機器に使われています。

ウィンドウズが出る前に、パソコン用のTORON「B-TORON」があったようです。純日本製のパソコンのOSです。そこにアメリカからのクレームがあって、トロンがスーパー301に登録されてしまったようです。実質市場に出すことができなくなりました。その影には、着々と進むウインドウズの開発があったのかも。

後にスーパー301の登録から外されるのですが、その時にはウィンドウズが市場を席巻していて、トロンの出る幕はなくなりました。それからは、トロンは表舞台に立つことがなくなりました。しかし、消えることなく携帯電話などに使われるようになりました。トロンの良さを証明しています。

トロンがアメリカの横槍がなく市場に出ていれば、ウィンドウズはこの世になかったかもしれないと思っています。

アメリカの市場原理からすると、アメリカと利害が対立する日本の技術を市場に出させないということかもしれません。
もしそうであっても、仕方がない事です。自国の企業を守るためです。
そんな状況であれば、日本の政府も自国の開発を守る方法を考えて欲しいものですね。


OHMASA-GA」がトロンの二の前にならないことを願います。

OHMASA-GA」はアメリカの利害と対立しそうだからです。

アメリカが売り出そうとしているシェールガス。アメリカの算段では日本がたくさん買うようになっていると思います。

それが「OHMASA-GAS」の普及により、エネルギーの使用が減ることになれば、シェールガスの日本への輸出が思った通りの量が見込めません。そうなれば、アメリカのは面白くありません。その為に、OHMASA-GA」を普及しないようにしようとしているとか?

OHMASA-GAS」に国が力をいれていないように見えるのは、アメリカとの揉め事嫌ってのことかなと思ってしまいます。

後半部分は私の勝手な思い込み書いています。
OHMASA-GAS」ことをテレビでみてネット調べて、ふと思った感想です。

「OHMASA-GAS」は素晴らしい発明だと思っています。