読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

お茶。渋みの中から甘みが・・・そんなお茶をもう一度飲んでみたい。

お茶。

10年以上の前の話になります。

営業で行った会社で出されたお茶の味は今でも忘れられません。

熱くなく、飲むと渋みがあってそのあと甘みを感じました。

驚きました。

お茶は、渋みばかりだと思っていました。

渋みの中から甘みがジワーッと感じました。

営業訪問の客に出すお茶と言うより、大切なお客様に出すお茶だと思いました。

営業に来たお客に、あのようなお茶を出すとは、立派な会社だと思います。

残念がながら、会社名とかは忘れてしまったので、もう行くことができません。

覚えていても、行く口実があません。

「お茶飲みに来ました」と行くわけにも行けません。(笑)

今でも、同じお茶を出しているかもわかりません。

 

それ以来、お客さんの所へ行った時に出されるお茶にちょっと期待した時ありました。

このお茶は甘みがあるかなと。

しかし、以降あの時味わったようなお茶に出逢うことはありませんでした。

お茶は、淹れ方によって味が微妙に変わるというのは聞いたことがあります。

お湯の温度や、水の硬度、急須の温度、湯のみの温度、茶器の材質などなどの諸条件でお茶の味は微妙にかるのだと思っています。

あの時のお茶を味わいたいと、そこそこいいお茶を買ってきて、お湯の温度に機を付けて、急須を温めて、湯のみも温めて、試したことがあります。

どうもあの時の味は出ません。渋みばかりが勝って、甘みが出る気配すらありません。(笑)

お茶の種類が違うのかもしれません。

また、いつかあの時のようなお茶が飲める時があればいいなと。

なぜお茶の話かというと、昨日、いつもの串カツ屋さんで大将と話をしている時にふと話題になり、あの時のお茶のことを思い出しました。