いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

【追記11.18】あり 「入っていてよかった」と思えるように。保険は普段は気にしないけど、いざという時の為によく考えて。

気温が下がってくると、
朝は、もやることが多くなります。
今朝は、空に薄いヴェールがかかったような感じでした。
北摂津の山も梅田もビル街もヴェールの向こう側に。
f:id:m3785com:20131117093254j:plain
 
f:id:m3785com:20131117093337j:plain
 
庭の楓の木の葉の色づきも徐々に下に降りてきています。
この木は人気があるのか、私以外の人もこの木の写真を撮っていました。
f:id:m3785com:20131117093230j:plain
 

「入っていたよかった」。
保険は普段は気にしないけど、いざという時の為によく考えて。

保険には色々な種類があります。
  • 生命保険(生保:第一分野)
    終身保険養老保険個人年金保険、 定期保険 、生存保険(単体では存在せず、何かしらの死亡保障が付属される)
  • 損害保険(損保:第二分野)
    ・火災保険
     住宅火災保険 、住宅総合保険、 地震保険(単独加入は不可。必ず住宅火災保険などと併せて加入する。) 普通火災保険 、店舗総合保険 、団地保険
    ・海上保険
    ・自動車保険
     自賠責保険(俗称・強制保険)、 任意保険
    ・所得補償保険
    ・賠償責任保険
     個人賠償責任保険、 企業賠償責任保険 、専門職業人賠償責任保険、 瑕疵保証責任保険、 船客傷害賠償責任保険
    ・傷害保険
     普通傷害保険、家族傷害保険、 ファミリー交通傷害保険、 国内旅行傷害保険 、海外旅行傷害保険、 ゴルファー保険
  • 第三分野保険(傷害疾病定額保険)(生保、損保)
     医療保険、 疾病保険 - がん保険その他の三大生活習慣病保険(=「特定疾病保険」<とくていしっぺいほけん>という)など 、介護保険  (ウィキペディアより)
 保険会社もたくさんあります。
そんな保険と保険会社選びを手伝ってくれる保険の相談を受けるサービスもあります。CMもよく流れています。
 
何かあった時に、保険会社が代って相手方と折衝してくれたり、契約範囲内で、保険金を支払ってくれたり賠償してくれます。
もし、個人で保険会社するような対応をするとなると大変な負担になります。
このことを保険会社がやってくれます。
 
その代りに、毎月、毎年掛け金として保険料を支払います。
保険には「かんぽ」のように保険の貯蓄機能をもったものもあります。
妻は貯蓄機能がある「かんぽ」が気に入りのようで、「かんぽ」に入っています。
私にも「かんぽ」に入るように勧めます。
老後のことを考えてのようです。
毎月、保険料と一緒に貯蓄ができるからです。
私は、どちらかというと、掛け捨ての保険にはいるのがいいと思っています。
貯蓄機能はありませんが、月々の負担が少なくて、多くの保険に入る事ができます。
ただし、満期の返戻金はありません。
まだ、子供たちも学生で、お金がかかります。
もし、私になにかあった時に、家族に残したり負担をかけないようにしないといけません。
その為に、できる範囲で、生命保険、医療保険、がん保険、賠償保険、火災保険と加入しておこうと思っています。
 同じことを「かんぽ」の貯蓄型の保険でするとなると、
月々の保険料は相当額になります。
貯蓄部分もあるのですが、
貯蓄と保険の両方のお金を支払う必要があります。
掛け捨て保険ですと、貯蓄部分がない分安くなります。
おそらく、掛け捨ての保険の2倍かそれくらいになるのではないでしょうか?
 
掛け捨ての保険にすることで、「かんぽ」より支払う金額が減ります。
多くの保険に加入することができます。
「かんぽ」は子供達が独立してからにしようかと思っています。
 
しかし、保険は保険の契約範囲しかみてくれません。
免責というものあります。
よく確認して加入しないといけません。
「天災」による事故を担保しているかどうかもチェックポイントです。
最近は、大雨や大風、地震などの天災が頻発しています。
保険で、地震などの「天災」の特約をつけていないと、
それによる事故は、担保してくれません。
 
そのことが気になって、保険の担当者に確認しようと思っていました。
昨日、土曜日ですが、会社の保険の件で急ぎで連絡する用事ができたので、
保険の担当者に連絡する機会がありました。
その担当者とは、会社の保険関係と私の個人の保険を通じて10年来の付き合いがあります。
私がなにかあった時は、この人に保険の処理を頼もうかと思っています。
その担当者に会社の保険の件で話しをしたついでに、
自分の保険が今加入している保険が「天災」を担保しているか確認しました。
休みなので、月曜日に確認して連絡してくれるようです。
 
保険の内容は、保険証券をみればわかるはずですが、分かり難いところもあります。
加入してときの状況ははっきり覚えていません。
保険の契約内容はただでさえ難しいです。
よくよまないと、保険証券に書かれている内容がどれに当たるか不明なところが多々あります。
親しい保険会社の人がいると助かるところです。
このような事情もあって、保険の相談サービスが生まれたのでしょうね。

  昨年、子供の学資保険が満期になって、精算書が届いたのですが、

掛け金総額より返戻金は少なかったです。
こういうのを「元本割」というのでしょうか?
学資保険も貯蓄型の保険です。
加入するときは、もっともらえるという話だったように思っていましたが、
20年近く前の話ですので、話の内容も覚えていませんし、書類も残っていません。
ちゃんとその辺の説明は書かれていたのだと思います。
説明もあったかもしれません。
覚えていませんけど。(笑)
仕方が、ありません。
ちゃんと満期返戻金をもらえたので、よしとします。
子供の進学に大変役立ちました。
 
保険の担当者の方と話で、自動車保険の話がありました。
自動車をしばらく乗らないので、自動車保険(任意保険)を解約した人が、ついその自動車に乗ってしまい、大事故を起こしたという話を聞きました。
任意保険による補償がありません。
大変なことです。
 
ままあるのですね。
ちょっとした切れ目で、何かトラブルことは。
特に自動車は、強制賠償保険に加入しているとは言え額が大きくなると、自己負担が増えて大変なことになります。
自動車に乗る事は、乗る度にリスクに乗っているようなものです。
自動車に乗る人は、強制賠償保険の他に自動車保険(任意保険)に加入するべきですね。これは、本人だけでなく被害者の方の補償の為にもです。
 自動車で別の話ですが、一昨年ガソリンスタンドの方に聞いたのですが、無車検の車が増えているようです。無車検ですと強制賠償保険もはいっていないので、無補償です。そんな自動車の事故にあうと、被害者の方への補償はなされない可能性があります。
 無車検の原因は、お金ですから、そんな人が補償できるわけありません。他に誰も補償してくれません。
※無車検の車を乗ることは違反になります。

 

気になる天災

今ちょっと気になっているのが「天災」です。
特に「地震」です。
大阪や西日本では南海トラフ地震が大きな関心事です。
それ以外にも、気になるものがあります。
それが、近々近畿圏で大きな地震が起きるかもしれないということです。
私が時々チェックするサイトにあった話です。
まだ、確定ではないようです。
観測してる予兆が終わるとそれから数日後に起きるという理論での予報です。
今現在で、完全に予兆が終わった訳ではないようですが、ほぼ予兆が終わったようなことを書いていました。
そのサイトには、昨日までの観測結果をみて、最終判断を発表すると書かれていました。
もし近日中という発表になって、
それが当たっていると、私の住んでいる辺りで起きます。
まだ、その結果はサイトに公開されていません。
もし、起これば、そのサイトの観測方法は、
地震予想に有効であるという証左になります。
今後の地震予知に多いに貢献できることになるでしょう。
しかし、外れて欲しいという気持ちあります。
災害は起こって欲しくないものです。
 
【追記】(H25.11.18)
 11月18日の朝確認してみますと、新しい情報が掲載されていました。
 予兆が発生したようで、「近々に対応地震が発生する可能性は極めて考えにくく」とありました。
 ほっとしました。
 
そうは思うもの、備えようと、昨日、家具の転倒防止のつっかえ棒を買って設置しました。
「起きる」「起きない」に係らず、ちょうど良い機会で、地震対策少しと保険の確認ができそうです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村