いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

食わず嫌い。

好きな順番。

↑トンカツ定食

↑鶏から揚げ定食

↑カキフライ定食

最近行きつけの串カツ屋さんが、ランチも始めました。
メニューは写真の3品です。
大分前にもやっていたようです。
再開です。
そのときは、トンカツにこだわってやっていたようです。
トンカツはしっかり作っているとおっしゃっていました。

食べてみみると
確かに、肉が厚くて筋がなく、噛み切りやすかったです。
程よくジューシーで、ころもは、さくさくと。
と書くと普通な感じです。
ソースはオリジナルです。
大将が調合しているようです。
鶏のから揚げ定食もおいしかった。

トンカツは好きなので、よく注文します。
しかし、トンカツは当たり外れがあります。
店によって、造り置きしていたり、
薄い肉に、剥離しかけたころも、
肉は堅くて、味がちょっと?というのもあります。
こんな時は、ちょっとカチンときます。
「なんで、こんなん頼んだんや!」と。

おいしいトンカツを食べようと思ったら、
専門店で食べるものは安心して食べることができます。
そう、この店のトンカツは専門店のトンカツのようでした。
しっかりした感じでよかったです。
先週の木曜日と今週の月曜日
この店のトンカツを頂きました。


この店のランチメニューの3品中、2品は食べました。
1品だけ食べていないのがあります。
カキフライです。
カキフライはちょっと苦手です。
カキフライが好きな人は身近にたくさんいます。
好んで食べています。
「カキフライってそんなにおしいの?」と不思議でした。
カキフライは、カキの生臭さがあるのかと思っています。
内臓の生臭さというか苦味がどうも苦手です。


たまたま
一昨日、トンカツを食べに行った時、
店で揚げたカキフライを一個だけ頂くことが出来ました。
どんなんと思いつつ、口の中に放り込みました。
熱くでほくほくしながら食べました。
食べて「ん?おいしい」
クリーミーおいしかったです。
生臭さが全くなく、クリームコロッケのような感じがしました。
カキがクリーミーというがわかるような気がします。
このお店のカキフライなら食べれるなと思いました。

でも、カキフライを注文することができません。
食わず嫌いといえば食わず嫌いなのでしょうね。
名前でいやがっているのでしょう。
口がカキフライを注文してくれません。

当然、カキをあまり食べないので、
カキにあたった事もありませんし、
カキでいやな思いをしたこともありません、
カキ以外の貝類か魚類かを食べた時に、
内臓の苦味がきつかった事があるのかもしれません。
本人のことながら覚えていません。(笑)
魚の内臓の苦味は苦手です。
新鮮な鮎の内臓やかにミソも苦手です。
カキもそんな苦味があると、勝手に決めているのでしょうね。
思い込みは、怖いですね。
食感にも影響しそうです。
贅沢な話ですね。
勿体無い勿体無い。

串かつ家フェンネル」大阪の阿波座というところに言ったときはよろしくお願いします。

夜には、私が奥の席で、大将とだべりなが飲んでいるかもしれません。
そのときはお許しください。(笑)



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村