読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

今週のお題「臨時収入が10万円!何をする?」Slipping Through My Fingrers

久々に今週の話題です。

子供の頃、言われたこを今でも覚えています。

手を開いて指と指をつけたとき、

指と指と間に隙間が出来る人はお金がたまらないといわれました。

ゆびとゆびの隙間からお金が逃げていくそうです。

私も隙間がありました。

最近は随分隙間がなくなってきました。

子供の頃は指と指の隙間を通して向こうが見えるくらいでした。

お小遣いが入るとすぐ使っていたように思います。


それからしばらくして、中学生の頃、アバが

「Slipping Through My Fingrers」という曲を出しました。

この曲を聴くたびに、指と指の隙間からお金が逃げていく話を思い出していました。

指と指の間に隙間がある私はお金使いが荒いというわけではありませんが、

指と指の間を通り抜けるようにお金がなくなっていきます。

母からも「あったらあっただけ使う」といわれたことがあります。

社会人になった時も、

給料の一部を母に渡して貯金してもらわないと、お金が残りませんでした。

そんな私が10万円をもったとしたら、

持っているだけでなくなてしまうでしょう。


今10万円の臨時収入があったら・・・・

妻に渡すかもしれません。

別にかっこをつけて言っているわけでありません。

私が持っているより、有効に使ってくれるように思います。

私が持つと、飲んでしまうか、読まない本を買うだけかもしれません。


それか、古くなった家電品を買い替えるかですね。

今の家に住み始めてもう24年ぐらいになります。

なんどか家電製品は買い換えました。

しかし、もう長く使っている電化製品などがあります。

買い替え時期にきているものがたくさんあります。



今年になって洗濯機が壊れました。

うるさい洗濯機でした。

このことは、以前に書かせて頂きました。

また、書きます。(笑)

洗濯機は、寿命が短いです。

モーターで水を含んだ重たい洗濯ものが入った浴槽を回すわけですから相当の負担がかります。

先代の洗濯機は、壊れる前、

洗濯している間は、

すごくうるさくてテレビの音も聞きとりにくくなるほどでした。

洗濯機とテレビのあるところは少し離れています。

それでもそんな状況でした。

もうやばいなと思っているとついに、動かなくなりました。

スイッチを入れると、動こうとするのですが、どうも動くことができないようでした。

何度やっても同じでした。

壊れてしまったようでした。



今度の洗濯機は、静かです。

洗濯しているのかどうかわかないくらい静かです。

乾燥機もついているので、妻がよろこんで洗濯をしています。

先代の洗濯機は簡易乾燥しかなかったので、

洗い終わった洗濯物を干す必要がありました。

洗濯機を回して、洗いあがった洗濯物を干すのが

休みの日の私の仕事でした。

冬場洗濯物が乾きにくく、

娘がよく「服がわかいてない」と文句を言っていました。


寒い日に洗濯物をベランダで干すは、やはり寒かったです。(笑)

しかし、洗濯物を干していると、洗濯物の乾き具合とか、

空気の冷たさや、日差しの暑さで

季節を感じることができました。

ベランダからビルの隙間を通して見える北摂の山の表情を見たり、

空の表情を見たりする機会がありました。、

それが新しくなって、乾燥は洗濯機がやってくれますので、

干す必要がなくなりました。

寒い日は、ベランダに出ることもなくなりました。

娘達の文句も少なくなりました。

便利になると、便利になった分、何かがなくなってしまうようです。

これでいいのかどうか。