読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

家電店風景の移り変わり

昨日会社の帰りに、ヨドバシカメラに立ち寄りました。

地下鉄梅田駅の改札を出てすぐ、JR大阪駅のすぐ北側、阪急梅田駅の西隣、東にはグランフロント大阪とという立地にあります。

土曜日の夕方となると、かなりの人手です。
平日でもそこそこ人出があります。
免税店でもあります。

店内放送は、日本語、韓国語、中国語と流れます。

先週ここで、パソコンを買いました。

電化製品は、この店で買います。

 

ヨドバシカメラが出店するまでは、電化製品を安く買おうと思えば、
日本橋に行っていました。
日本橋は、大阪の秋葉原的な存在だったと思います。

新居を構えるとき、日本橋の「喜多商店」で、冷蔵庫やなにならを買いそろえました。
子供のころから、家電を買いに行っていました。
「来た、見た、買った」でよくテレビCMをしていました。
大阪では有名なお店だったと思います。
その「喜多商店」も昨年に閉店して、跡地は飲み屋さんになるようです。

その日本橋も、梅田に大きな家電店のヨドバシカメラが出店して、
ミナミの難波にはビックカメラが出店して、
人の流れはすっかりかわり、
今は、すっかり様変わりしました。

家電関係は、競争が激しいので、時代とともに大きく変わっていきます。

 

家電店の店内の配置もよくかわります。
その時の売れ筋に合わせて、変えます。
広告も変わります。

 

家のDVDプレーやの調子が悪く、録画したものをDVDディスクにダビングができなくなってしまいました。

このDVDも、安く買いました。
3年ほど前に2万円ほどで、ジョーシンで買いました。

そろそろ新しいのものがほしいなと思い、
どのような機種があるのか探しに
ヨドバシカメラの3階に上がりました。


しかし、かつて、ブルーレイやDVDプレーが置いていた売り場が
今は、イヤホンの売り場になっていました。

かつては、そこそこ、広く売り場があったのですが、ありませんでした。

どこに移ったのかた、3階をうろうろしていると、
大型の4Kテレビが立ち並ぶテレビ売り場の片隅に、申し訳程度にありました。
あったのは、東芝ソニーパナソニックの3社だけでした。

かつては、注目を浴びたことがある、ブルーレイも今は、
あまり耳にしなくなりました。

最近のテレビは、内臓HDDに録画できたり、
外付けのHDDをUSBでテレビに接続して録画したりすることができます。
ディスク機器も内臓されていることが多いです。
外付けのディスク系の録画装置は、人気がないのでしょう。


別の売り場のHDD売り場は、そこそこ大きなスペースが取ってありました。
それも1TB などそこそこ大容量のものが安く手に入ります。
ディスク系の機器の価格数分の一で買うことができますので、
ディスク系の機器は、劣勢になるのは当然ですね。

最近イヤホン売り場が広がったのは、ハイレゾがはやり始めているからでしょうね。
パナソニックハイレゾに力をいれるというニュースを聞いたことがあります。

ハイレゾといい4Kといい、素晴らしい技術だと思うのですが、
マニア向けかなという気がしないではありません。

どれだけ一般受けされるかが問題ですね。

4K、いまいまパッとしていなさそうです。
見ていて違いがあまりわかりませんし、
いまのハイビジョン映像で十分に間に合っている気がします。

 

ハイレゾは、音響ファンの人が多いので、そこそこ広まるかもしれません。

爆発的な、ヒットをするでしょうか?
音響にしても、5年ほお前に買ったウォークマンiPhone6sに付属のイヤホンで十分楽しめています。
ハイレゾの音は確かにいいのかもしれませんが、
その違いに、どれだけの人がメリットを感じるのでしょうか。

先日も、行きつけのお店の大将との話で、
iPhoneの話になり、iPhoneの前身はウォークマンというわたくしと
シャープのザウルスという大将とのやりとりになりました。
実際は、わかりませんが、
根拠があっての話ではなく、聞きかじりの情報での飲み話です。

ウォークマンといい、ザウルスといい、
iPhoneの手前まで、作っていたのに、その先に行けなかった日本企業。
技術大国であり、ちょっと先が難しいのかもしれませんね。


ソニーウォークマンは、日本発のものだったと思います。
それ以降は、出ていません。