いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

言動は取り消せない。

どうも最近気分がすぐれない。

スッキリしない。

しんどい。

いやだ。

あと何があるかな。

否定的な言葉を口にすると、その言葉を耳がきいて、

頭にインプットされてしまいます。

これが悪い言葉の循環の始まり。

言葉は口に出すと、言葉は、生を得たように漂い、自分自身や周りの人に影響を与えます。

「覆水盆に返らず。」と言う言葉があります。文字通りだと、こぼれた水は全て元のように盆に戻らないと言った感じでしょう。

Wikipediaには、「一度離婚した夫婦は元に戻ることはできない」とありました。

中国の昔の話に由来します。
昔の中国の話で、みなさんよくご存知の「太公望」にまつわる話です。

太公望は、周に仕官する前、仕事もせずに本ばかり読んでいて離縁されたそうです。

しかし、太公望が出世をすると離縁した奥さんが復縁を申し出てきました。

調子のいい話です。

その時、太公望は盆の上に水の入った器を持ってきて、器の水を床にこぼして、

「この水を盆の上に戻してみよ。」と言った。

しかし戻す事ができなかった。

「一度こぼれた水は二度と盆の上に戻る事は無い。それと同じように私とお前との間も元に戻る事はありえないのだ。」といって縁を切ったそうです。

一度言葉にしてしまったこと、一度行ったことは、これはもう戻りません。

人前であれ一人のときであれ、

口にする言葉や行動細心の注意が必要です。

一人の時でも、

言葉を聞いている人がいます。

行動を覚えている人がいます。

それは「自分自身」です。

一人の時でも、慎重に。

それが、普段の言動にも影響があるかもしれません。