いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

本屋さんに行く、とついつい買ってしまう。

昨日、大阪梅田の紀伊国屋書店に行きました。

仕事の関係で必要な本があるので、

一冊だけ買おうかと思って行ったのですが。

三冊買いました。

紀伊国屋に入って、目的の本を探して店内をうろうろ。

どの売り場にあるのか検討がつきません。

店内にある検索システムの端末で調べてもわかりません。

どうも見つかりそうにないので、帰ろうと一旦は店を出かけました。

出る前に、入り口の新刊書売り場の棚の所で立ち止まって、どんな本があるのかと見ていました。

そして、本を手にしては、ぱらぱらと本を見て、戻したりしていました。

すると、ある本に目が止まりました。

新刊書売り場の棚には小説もありますが、ビジネス書もたくさんありました。

その中で目に留まったのが、副島さんの本でした。

何故か、私はこのような本が好きで、一旦目につくと買いたくなってしまいます。

副島さんの本は、過激で本のレイアウトもまた過激です。

他の本とは少し違います。

大風呂敷的なところもありますし、バッチリと言い当てる事もあります。

歯切れがよく、大変読みやすので好きです。

買おうと決めました。

この本を買うのを決めてから、買おうと思っていた本も再度探す気になりました。

簡単なことで、店員さんに聞けば良かったのです。すぐ見つかりました。

店員さんがその本がある場所まで案内してくれました。

目的の本を手に取って、その周辺にどんな本があるのか見回しました。

すると、気を引く題名の本を見つけました。

少し目次を見て面白そうなので、これも買うことにしました。

これで、

副島さんの本と、目的の本と近くにあった本の3冊を買いました。

全部読むかは、保証はありません。

副島さんの本は読みます。目的の本も読むと思います。あと一冊は思い出になるかもしれません(笑)

最近は控えていたのですが、本屋さんに行くとダメですね。

ついつい買ってしまいます。

今までこれでどれだけの本を買って、読まず置いていたことか考えると、

勿体ない気もします。

読めば、それだけプラスになるのは確かです。

読めば勿体なくありません。

そう、この3冊は必ず読むことにします。

これを読み切らないうちに次の本は買わないことにします。

そうしないと、著者の方にも申し訳がたちません。