いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

実るほど頭を垂れる稲穂かな

この言葉が大変、気に入っています。

いい言葉だと思います。

秋の稲の実りのをたとえているのでしょう。

それは、稲が、夏の暑い中一生懸命に世話をしてれてありがとうと言っているような感じです。

人間は、一人でできることではありません。

誰かがいて、今の、自分がある。

今の、自分があるには、多くに人のおかげであることは、考えればわかります。

自分があるのは、多くの人のおかげと思えば自然と、言葉のようになるんだとと思います。

本当に豊かになればなるほど、腰が低くなり、

実りの秋に、稲穂が頭を垂れるがごとくなるのだと思います。

この言葉、幸せにつながる言葉だと思います。