いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

いまこのときが大切--「72時間以内に取りかかりなさい」

「72時間以内に取りかかりなさい」

これは「心を上手に透視する方法」に書かれていた文章です。

何かをしようと思ったら72時間以内するべきだという事です。

「先延ばしをしてしまうと、結局まったく手つかずにまま終わるだろう。」ということです。

私にも「あーこれしなあかん」といって、ほったらかしになっている事があります。

72時間は著者の経験から出た時間のようです。

「先送りしないで、今を大切に生きるというこだ。」

「本当の力は、今のこの瞬間にあるのであり、昨日にも明日にもないのだ。」

何かをしようと思えば、今しかないという事だと思います。



今の瞬間瞬間に、分岐点があって、それを人は選んでいる。

その分岐点が大きな分岐点が小さな分岐点とあります。

そしてその先にも分岐点があって、

それを積み科なせられることで違う世界が開けるのではないかと思っています。

今、テレビを見るか、本を読むか、ブログを書くかこの時間でも選択肢があります。

人はその時々に選択しています。

私は、いまブログを書いています。

今テレビを見ていると、夜になってブログを書く事になるかもしれません。

ひょっとして今日書く事ができないかもしれません。

そうなると、自己満足でありますが自分で決めているブログを連続して投稿するという目的が途切れてしまいます。

ブログを連続で書く事は細かい事ですが、

この細かい事の積み重ねが大切だと思います。

今この瞬間にどうするかが、大切です。

だから「いまこのときが大切」なのだと思います。

「心を上手に透視する方法」

先日地下鉄の車内広告を見てついつい買ってしまった本があります。

「心を上手に透視する方法」という本です。

この本は2009年にドイツで出版されると、たちまちベストセーラーになった本です。

今、世界の多くの国で翻訳され出版されています。

著者ハーフェナーは、ドイツの「マインドリーダー」です。

彼は、ステージ・ショーやテレビ番組でマインドリーディングのエンターテイメント・ショーを行っています。

ドイツでは、話題の番組のようです。

大変、興味深い内容が書かれています。

人の心の中は誰にもわかりません。

科学でもなんでも人を理解する事はできません。

そんな人の心の不思議を書いた本かもしれません。