いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

向かいの「にゃぁ〜」(写真なし)

実家の向かいの家に白いオス猫がいます。

聞くところによると少し年を取っているようです。

5歳?いや8歳かそれぐらいだったかなか?

猫にとっては少し年をとっています。

まだ、実家が母がいて、父が元気でそして彼が若い頃は、

よく実家に遊びに行っていたようです。

たぶん餌をもらて、可愛がってもらっていたのでしょう。

飼い主の方の話だと、彼の立寄りポイントになっていたのだそうです。

以前テレビで見たのですが、

猫には立ち寄るスポットが決まっているようです。

彼は夜になると外に出してもらい、いつものルートを回るのでしょう。

タイミングが会えば、

私が、会社の帰りに実家に行くと、どこからともなく現れて私にすり寄ってきます。

そして、実家に入ろうと私が鍵を開ける音がすると、

彼も玄関の前にとっとっとっとーと小走りに来ます。

そして、私がドアをあけるのを待っています。

不用意にドアを明けると、彼は、スット家の中に入り、ドッー家の奥まで駆け上がって行きます。

そんなときは、私は彼を追いかけて行きます。

時間も遅いので、彼とあまり遊んでいる事で来ませんし、

父親の事もあるので、申し訳なのですが、お引き取り願います。

たいてい2階まで上がっていきます。

昔私の部屋だった部屋に行きます。

電気をつけていませんので、暗い中、

私が2階に上がって電気をつけると、彼は応戦体勢をとります。

しかし、彼も、実家に入って、「なんか違う」って思うのでしょう。

可愛がってくれた人がいないことに気づいて、すぐに諦めて、

いとも簡単に私に、捕まります。

私は彼を抱きかかえて玄関まで連れて行きます。

その間は、大変おとなしくしています。

その間も「あかんやん」などと話しかけながら、連れて行きます。

そして玄関を明けて、「外で遊んでおいで」と出してあげます。


しかし、そんな彼も・・

昨年までは、元気だったのですが、最近少し元気がありません。

すり寄ってくるのは替わらないのですが、私の実家に入ろうとしません。

それには原因がありました。

※猫の写真も紹介したいのですが、いつも夜なのと飼い主の方の許可も必要かなと思うので、写真はありません。

可愛い猫だということを想像して頂ければと思います。


たぶん同じ記事を以前書いた事があるかもしれません。