いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

「夏至」・陰が極まれば陽が生じ、陽が極まれば陰が生じる

昨日は6月21日は夏至でした。

今が、一年の内で昼が一番長い時期です。

夏に至ると書いて「げし」。

陽が極まる時期ですね。

夏に至るとっても、まだそんなに暑くありません。

暑さはこれからが本番です。

暑い夏の昼下がり、ジリジリと照りつける太陽、色濃くなった緑の陰も

心なしか濃いように思えます。

夏は陰影がくっきりと出る時期です。

それゆえ、明るいようで、そこに「陰」を感じます。

陰が極まれば陽が生じ、陽が極まれば陰が生じる。

「夏至」陽が極まりこれから「冬至」に向けて陽が衰え、陰に転じて行きます。

これは、摂理とでもいうのか、隆盛を極めると衰えが始まるものですね。



you tubeに夏至のお祭りの映像がありました。

この映像の最後方、夫婦岩から昇る太陽と太陽の端に富士山と思われる影が見えます。