いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

「秋」の足音が聞こえ始めてきます。

早いのもで、明日からもう8月です。

関西では、天神祭も終わり、京都の祇園祭も今日で終わり、大きな祭りがある時期が終わり、

そして、

今度は、花火大会の時期になります。

明日は、PLの花火大会。

その他に大阪では、次のような花火対大会が予定されています。
2012年8月4日(土) 第24回 なにわ淀川花火大会 大阪市
2012年8月8日(水) 第57回辯天宗夏祭奉納花火大会 茨木市 3000発
2012年8月11日(土) 真夏の花火ファンタジー  堺市 2000発
2012年8月18日(土) 第64回猪名川花火大会     池田市 約4000発



兵庫県では、
兵庫県姫路市にある姫路セントラルパーク遊園地内で開催される花火大会以外にも

県内ではたくさんの花火大会が予定されています。関西で一番多いのではないかと思います。

関西の各県でも花花火大会が予定されています。
兵庫県の花火大会一覧

京都府の花火大会一覧

滋賀県の花火大会一覧

和歌山県の花火大会一覧

たくさんの人が見物に行かれると思います。

花火が過ぎ行く夏を見送っているような感じがします。

過ぎ行く夏のページェントを楽しんでみてください。

もう「秋」の声が聞こえてきます。

話が早すぎるかもしれません。

今はまだ「大暑」の次候の「土潤溽暑(土潤いてむし暑し)」です。
「地面から陽炎がたち上がり、土いきれで吸う息も暑く感じられます。この暑さを人間は冷たいもので暑気払いをしたり行水や打ち水でやり過ごすしかありませんが、木や草はますます緑を濃くし、枝を伸ばし葉を広げて夏を謳歌するかのうです。」(「くらしのこよみ」iPadアプリ)

まだ、末候の「大雨時行(大雨時々に降る)」があります。

この候は「夕立の激しく降るころ 」。文字のとおり激しく夕立が降る頃なのでしょう。

季節の変わり目は、気候が不安定になって、雨がよく降ります。

季節の変わり目を象徴するかのようです。

末候は8月2日から8月7日の「立秋」まで。

そして、「立秋」が来ます。

まだ一週間先ですが、

来週8月7日は「立秋」です。

まだまだ、暑い日が続きますが、

いよいよ秋の声が聞こえ始めます。

この日を境に、暑さも残暑に変わります。

吹く風も何となく変わるような感じです。

お盆の頃にプールに行くと感じます。

うだるような暑さの中プールに入って、

プールから上がって、水に濡れた体に吹き付ける風に、どことなく冷たさを感じます。

お盆は夏の盛りと思っていましたが、もう秋の気配が感じられる頃なのでしょう。

もう、「秋」の足音が聞こえ始めてきます。



最後に早すぎますが、私の大好きな曲「秋の気配」です。(笑)