いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

関東はすごい雪ですね。

爆弾低気圧の影響で、関東はかなり雪が降ったようですね。

大阪は、朝雨が降って、昼頃には止みました。

昼間は曇っていましたが、雨も降らず風もなく穏やかでした。

テレビで流れる東京の様子はまるで雪国のようでした。

朝大阪に雨を降らせた低気圧と同じものだとは思えませんでした。

私が子供の頃の1960年代後半の冬は寒かったです。

冬の朝には、よく道路の水たまりが凍っていました。

積もりませんでしたけど、雪もよく降ったように思います。

最近の大阪では、ほとんど見かけませんでした。

少し冬が暖かくなったのでしょうね。

最近は久々に水たまりが凍っているのを見かけました。

近く小学校のプールの水もうっすら凍っていました。

この冬は、少し寒そうです。


先週、飲み友達と飲みに行った時に、雪の話になりました。

飲み友達の地元は、岐阜県の大垣付近です。

この辺りは、昔、よく雪が降って、名神高速道路が通行止めになっているニュースを聞きました。

よく雪の降るところです。中学の授業でも習いました。

高速道路が通行止めになると、国道に車が流れ込んで、一杯になってしまいます。

当然、国道も雪が積もっています。

そこに、名神高速の車が流れ込むのですから、すごい渋滞だったようです。

渋滞はなかなか解消されないようで、

その渋滞に捕まって行方不明になった人の話を聞きました。

多少誇張された話かもしれませんが、

渋滞で車が動かず、当時携帯電話などがなかった時代ですので、

連絡をとることができなかったようです。

結局、渋滞の中で2日過ごした人いるという話を聞きました。

その人は、2日間行方不明ということで、みんな心配したようです。

雪が降るとこのような状況になるので、

雪が降って、出勤途中で降雪による渋滞に捕まって、定時に間に合わないと思ったら、

そのまま、帰宅していた事もあったようです。

なぜなら、積雪で帰宅できなくなることがあったかだだそうです。

雪の影響は大きいですね。

今では、飲み友達の地元はそんなに雪が降ることもないようです。

大垣辺りの積雪をみましたが、積雪はなさそうです。

地球温暖化の影響でしょうか?

今年の冬は、寒いように思います。

これは、夏場の北極の気候が影響しているようです。

年末の日経新聞の記事に次のような記事がありました。

「「地球温暖化」でも厳冬なのはなぜ? 原因は夏の北極海に 」

 気象庁によると今冬、東日本以西は平年より寒くなりそうだという。既に各地から大雪被害のニュースも届いている。米国では2010年2月に大雪でワシントンの政府機能が約1週間にわたりマヒした。
2012年、北極海の海氷は大きく消失した=NASA(米航空宇宙局)/Reto Stoeckli提供
 地球は温暖化しているはずなのに、なぜ寒い冬が増えているのか。その原因がどうやら夏の北極海にあることがわかってきた。

北極の気圧が高いか低いかによるようです。

低いと寒気は広がらず暖冬に、高いと寒気が広がり厳冬になるようです。

これも周期があって、

1970年代くらいから、気圧が低くなり始め、暖冬の冬が増えてきました。

また、今は、北極気圧が高くなりつつあるのでしょうね。

厳冬の年が続くかもしれませんね。