読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

六甲山からの景色

六甲山は標高約800m 931.25 m(H25.9.17)

六甲山(ろっこうさん)は、兵庫県南東部、神戸市の市街地の西から北にかけて位置する山塊。瀬戸内海国立公園の区域に指定されており、また日本三百名山、ふるさと兵庫50山の一つである。 一般に「六甲山」は大小の山を含む六甲山系全域(狭義には中央部から東部)を指し、最高峰は特に六甲(山)最高峰と称される。山域は神戸市の他、芦屋市、西宮市、宝塚市に属す。(ウィキペディアより)(H25.09.17追加)

その頂上近くあるホテルから
大阪と神戸の街が一望できます。
 
f:id:m3785com:20130915164418j:plain
 
天気がよければ、生駒山関西空港そして和歌山県との県境の山も見えます。
 
昨日夕方、ホテルの屋上から撮ってみました。
 
f:id:m3785com:20130915162657j:plain
 
神戸。
左に海に突き出しているのが六甲アイランドあたり
f:id:m3785com:20130915162816j:plain
 
目線を西に向けると
雲の中から夕日が、もれ出でて、
一本の光線が描かれていました。
f:id:m3785com:20130915163004j:plain
 
夜になると
神戸方面
f:id:m3785com:20130915163247j:plain
 
大阪方面
海との境がくっきり。
f:id:m3785com:20130915163433j:plain
 
月と神戸の街
f:id:m3785com:20130915163719j:plain
 
一夜開けて、
今朝、台風が接近しているとあって、昨夜雨が降ったようで、路面が濡れていました。
朝は雨が止んでいました。
ホテルの屋上からは、高層の雲、中層の雲、低層の雲が共演。
低層の雲は、目線の高さにあるいうでした。
f:id:m3785com:20130915164215j:plain
 
ホテルの屋上の出口に
雲がある景色を楽しんでもらおうと
雲の説明パネルがありました。
f:id:m3785com:20130915165403j:plain
 
今日は、妻たちをアウトレットに連れて行って、買い物をしている間、私は別行動。
今は、カフェでアイスコーヒーを飲みなら妻たちが買い物を終わるのを待ってます。