いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

左は大切なポジション!?

2月14日の記事書いたお店が、昨日が最終日でした。

本町駅で途中下車して、立ち寄りました。

最終日だからでしょうか?

お店は大にぎわいでした。

半月前に私が行った時とは大違いでした。(あの日はバレンタインでした。)

私が入った時はわずかカウンターの席が一つ空いているだけでした。

それもカウンターの一番奥の席で、電子レンジの後ろ姿がすぐ右手にありました。

電子レンジの後ろ姿をまじまじ見たのは初めてでした。(笑)


右横はイスが有るだけでした。(電子レンジがあるので使えません)

左は20才台の若い男性が座っていました。

常連さんなのかお店の方のお友達なのか、

お店の人が合間に親しげに話かけていました。

その左には、サラリーマン風の30才台と思しき男性。この人も常連さん?会社の人?

その左の席は、通路を確保するために、空けていました。

カウンターには私を入れて3人でした。

お店の人は、次から次へと来る注文に対処するのに精一杯という感じでした。(二人でやっています)

前の時のように雑談なんてできる状況ではありませんでした。

私はこの店2回目なので、そこまで親しくありませんので、静かに飲んでいました。

お客さんが、切れ間なく注文していました。(このときのお客さんの人数は私を入れて15人ぐらい)

ちょっと息苦しい感じがしました。なぜかわかりません。

飲んでいるうちに陽気になるかなと思っていました。

生ビールとパンタパスを注文。ここのは気に入っています。

さっぱりしていて、角がない感じです。でも、味がある。

それと、カウンターの人だけという事でサービスしてくれたアンチョビポテト。

ただ、ポテトにアンチョビをのせた感じでした。

しかし

アンチョビの塩味とポテトの味がうまくミックスされて、とても美味しかったです。

今日のおすすめということで、きのこのカレーが有るという事ですね。それを注文。

私が思っていたのとはちっと違いましたが、お酒の合間に食べるには、いい感じでした。

ここのお店の料理は、とても美味しかったと思います。

昨日でお店がしまってしまったのはとても残念です。

息苦しさの原因

暫くすると、私の左の男性が、トイレに立ちました。

すると、パーッと開けた感じがして、先ほどまで感じていた息苦しさがなくなくなりました。

別にその男性に問題がある訳ではありません。

その男性との距離が私には近すぎたのかもしれません。

人には、自分の周りに安全地帯を持っています。

その安全地帯の中に人が入ってくると、人は不快感を感じたりします。

その安全地帯も、相手により範囲が替わります。

親しい人に対してはとても狭く(近い)、見知らぬ人に対してはとても広く(遠い)なります。

私にとっては、左の男性は、私の安全地帯に入ってしまっていたのでしょう。

それに、左側の席に人が座っていたということもあったのかもしれません。

微妙ですが心臓は体の中心から左にあるひとが多いと思います。

未知の人をできるだけ、大切な心臓から遠ざけたいという心理が働いたのかもしれません。

以前、このような話を聴いたことがあります。

そして、

左は右脳、右は左脳が関わっています。

左脳は理性、右脳は本性という感じかもしれません。

左は本心が出てくる可能性があります。

左側の顔の表情で本心が読みとられる可能性もありますね。

また、右半面が建前とされていて、左半面の表情が裏の顔とも言われています。

やはり、左はというポジションは、大切なのかもしません。