読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

iPad用のキーボード買いました。通販で

平日の昼間、パソコンに向かっていることが多いですが。
仕事中ですので、ブログの更新やコメントを書いた入りプライベートなことはできません。
実家によって、家に帰ったときはもう日付が変わる頃です。大抵の場合食事をしてすぐ布団の中に入ってねてしまいます。
 
ブログの更新やコメントなどのプライベートな文章作成には、
実家で父の世話の合間が、一番適しているように思います。
実家に来ている時は、平日では、会社と家のちょうど中間です。
会社と家の間といえば、飲んでいる時もありますが。
 

そのために、昨年にiPad Airを買いました。

マイクロソフトサーフェスやウルトラブックや小型ノートパソコンにすればよかったのかと思ったりしますが、これらはどうも重過ぎ値段が高いため、iPadに落ち着きました。

iPadの初号機の時から思っていたのですが、どうもiPadの画面に表示されるキーボードはどう使いにくいです。

iPadは文字入力しようとすると、画面の3分の1以上がキーボードに占領されてしまいます。
iPadは、文字入力には不向きなようです。

買った当初はわりと使っていましたが、キーボードの操作性のこともあって、徐々に使わなくなりました。

iPadのキーボードの使いにくさを改善させるために、買ったのが。

 
金曜日に届きました。
ブルーツースで接続、ちょっと説明書の文字が小さく、読むのに苦労しましたが、
虫目メガネで読んでみると、簡単。
すぐにつながり、使えるようになりました。
ただ、いつも使っているキーボードと多少操作性が違い、戸惑うところもありましす。
ちょっと苦労しながら、入力しています。
iPadの画面のキーボードより断然入力がしやすくなりました。
慣れてくると、徐々に要領がわかってくると思います。
 
 この更新記事も、一部をそのキーボードで入力しています。
ただ、マウス機能がありません。
マウスの代わりに指をつかって、操作。
B5程度の大きさのiPadより少し大きいA4の長辺程度の長さのキーボートちょうどいいバランスです。
コンパクトな感じで、あとマウス機能があれば最高かと思いますが、
入力がとても便利になります。
キーボードのタイプはマックです。
ウィンドウズとは多少違います。
 
iPadでは、エクセルやワードも使えます。そのデーターをDropboxに保存することもできますので、
iPadである程度作成して、あとPCで整理することもできます。
うまく使っていけるといいですが。(笑)