いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

オリンピックがやっているので・・・

今のところ日本のメダルは、

金1、銀4、銅8です。(8月1日 19:00)

思ったように金メダルが取れていないようです。

大会前の日本のメダル予想は、大会前の米誌スポーツ・イラストレーテッドによると

「米誌スポーツ・イラストレーテッドの最新号が、27日に開幕するロンドン五輪のメダル獲得予想を発表し、日本は競泳の北島康介日本コカ・コーラ)が平泳ぎで100メートルと200メートルの両種目を制覇するなど、金メダルを前回北京五輪よりも3個多い計12個獲得すると予想した。
銀は14、銅は13で、合計数は39個。前回の25個を大きく上回ると占った。」
YOMIURI ONLINE日本は「金」12個、なでしこ「銀」…米誌予想」)

しかし、現実は、北島選手はちょっと調子悪そうです。

内村選手も調子がよくなさそうです。
 ↑(現地時間8月1日、金メダルとりました。「おめでとうございます。」)

柔道も苦戦しています。

金メダル二桁いけるか難しいかもしれませんね。

これも運なのでしょうか?

実力のある選手が、本大会でその実力を出せない。


毎回観ていて思うのですが、

4年いや8年もかけて、努力して実力を備えてきた人が

メダル候補と鳴り物入りでオリンピックに出場しても、

負ける時は、あっけなく、数分、数秒で終わってしまう。

今までかけてきた時間と苦労と努力が、あまりにもあっけなく終わってしまうのを観て、

なんとも言えない気持ちになります。

過ぎた時間は帰ってきません。若ければ次も問い得るかもしれませんけど、

また、4年。

そういうこともあれば、オリンピック出るために長く努力し、今まで、注目されなかった選手が、

メダルを取って、注目を浴びるようになることもあります。

これが勝負の世界なんですね。

報われる人、報われない人。

何が違うのでしょうか?

生まれもったもの。

育った環境。

練習量。

オリンピックをみながら、ふと考えてしまいます。

スポーツ以外の世界でも同じですね。