いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

「おおきに」

「おおきに」は関西人の「ありがとう」です。

この言葉は、最近まであまり使いませんでした。


年をとって、おっさんになってから、使う事が多くなりました。

なんか、おっさんになって使える言葉やなと思っています。

非公式な時に使います。

特に呑み助の私が、飲みに行った時によく使います。

行きつけのお店で、帰りしなお店の大将に「おおきに」と言って店をでます。

よく行く店の大将も最近よく行くようになった店のマスターは、

「おおきに」とは言いません。

普通に「ありがとうございます」と言います。

二人とも大阪育ちのようですけど。

大阪で「おおきに」使う人は、

もう、そんなに多くいないのでしょうね。

私は、「おおきに」という言葉が気に入っています。

「ありがとう」もいい言葉です。

「おおきに」は、スーパーでレジで支払いした後も、

昼食を食べて支払いをした後にも、「おおきに!」。

「ありがとう」の時もあります。

「おおきに」の方がいいですね。

「ありがとう」はちょっと堅い感じがします。

同じ「おおきに」でも大阪と京都とでは、

同じ意味で使われるのですが、雰囲気が違うように思います。

ニュアンスが違うのでしょうね。

だから、受ける感じも全く違った感じになります。

大阪の場合は「まいど」を付けたりします。

昔ながらの商店なら「まいどおおきに」と言います。

商人言葉ですね。

京都は、

芸者さんが使うので、女性的なやさしい感じがしますね。

「おおきに」の語源は、

語源は「大きに」から来ていると思います。室町時代まで「大きなり」という形容動詞が使われていたと言われます。その「大きに」(連用形)と「大きな」(「大きい」とは別の語・連体形)が現代語の中に残されているのでしょう。
(OKWAVE「おおきに」の解答より)