いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

<

新型コロナの足音が・・・・ 発熱すわコロナ?

今の時代、風邪をひくこともできない。

風邪などで発熱すると、「コロナか!?」となり、戦々恐々とする。

今年になって、家族の発熱が3回もあった。

今更ながら、新型コロナウィルスの感染の足音が身近にやってきた気がした。

いずれも、早めに発熱外来でPCR検査を受けて、「陰性」だった。

ひと安心した。

発熱と聞いたときは、大慌てだった。

発熱外来で早くPCR検査ができるところ探し回った。

「陰性」で安心して、なぜ発熱したかということはあまり気にかけなかった。

発熱に対しては、病院でも自信ある診断はもらえないようだ。

PCR検査で陰性だったということで、はじめて受診でき、病気の診断をしてもらえる状況ではないだろうか?

 

   

 

もし陽性であったら、家族全員が濃厚接触者になり、家族全員陽性になれば、全員が自宅療養になるだろう。

今の大阪ではホテル療養など受け付けてくれないだろう。

さらに、2日に遡って会った人が濃厚接触者になってしまうはず。

会社であれば、多くの人が濃厚接触者になってしまう可能性もあり、会社の機能自体に影響を与えかねないのではないかと思っている。

新型コロナウィルスに感染することの社会的影響の大きさは、
測りきれないものがある。

ただ、PCR検査も100%でなく、精度は70%程度のようだ。

PCR検査で「陰性」と判断されても、その時点で「陰性」なだけで、感染初期のため、検出されなかった可能性もあると言われた。

確かにそうだと思う。PCR検査の帰りに感染してしまう可能性もある。

 

最近では、ステルスオミクロンが日本でも発見され、市中感染しているようだ。

ますます安心できない状況になってきた。

早めに3回目のワクチン接種を受けて、少しでも安心材料を持ちたいと思う。
3回接種したからと言って、まったく安心できるわけではないが。

ここ一年半ほど、身近にコロナ感染者がおらず、そんなに感染者が多いのかと、画面の向こうの話のように思っていた。

改めて、新型コロナウィルスの怖さが感じた。

毎日発表される感染者以外にも、無症状の感染者が多くいるだろうとのこと。

今は、会う人が無症状の感染者かもしれないと思うと、人と接することが怖くなってきたような気がする。

コロナの足音が大きくなってきたようだ。

 

京都へも行きにくくなった。

f:id:m3785com:20220218192746j:image