いまこのときが大切

日々気になったこと、興味を持ったことを綴っています。

-->

2019年はいい年だった。NHK「ドキュメント72時間」を観て。

日曜日、NHKの「ドキュメント72時間」「大阪・道頓堀 物々交換しませんか」を観た。

2019年1月に撮影したものだ。

観たのは再放送。

2019年1月の道頓堀で、物々交換をしていく。

最初はビリケンさんの小さな人形。それから72時間の間、
道頓堀の戎橋界隈で通りゆく人と物々交換していく。

町の様子は、活気があって、マスクをしている人も少ない。

ソーシャルディスタンスという言葉もない時代。

NHKの人も自由に人に近づいて会話をして、物々交換をしてく。

人それぞれの思いがあるものが交換されていく。

人と人の接近になんの違和感もない様子が映し出されていた。

今では考えられない。隔世の感を禁じ得ない。

2019年といえば、5月に平成から令和への改元を控え、そして、2020年には東京オリンピックもあるという、ちょっと浮かれた気分が漂った時期だ。

そして、インバウンド効果もあり、海外からの人もたくさんやってきたときでもあった。

まさに「我が世の春」を謳歌してた年だった。

誰もが、今の状況を想像すらできなかっただろう。

f:id:m3785com:20210126185855j:image

 

   

 

それが2020年になった途端、地獄に突き落とされた。

新型コロナウイルスの感染拡大となり、まるで、ボードゲームリバーシ(オセロ)で白ばかりの盤が、最後の一手で真っ黒になった感じだ。

2019年の街の映像を見ていると、あの時(2019年)のことが思い出され、いい年だったなぁ-と思えてくる。

外出自粛ばかり呼びかけられる今からすると、祭のような年だったように思う。

このような年がまた来るだろうか?

f:id:m3785com:20210126190250j:image